履歴書猿人管理人ブログ

履歴書猿人は無料・登録不要の履歴書作成サービスです

速報!履歴書サイズについに結論

履歴書猿人の運営を始めて3年が経ち、履歴書の出力に関するデータがある程度集まったので集計してみたところ、興味深い結果が得られました。皆さんの参考になると思うので公開いたします。

今回着目したのは、出力オプションの「用紙サイズ」「フォント」「暦」で、昨年1年間の値を集計しました。これにより、昨年1年間に求職者の方々がどんな履歴書を作ったのかがわかります。

以下少々の留意点。

  • 「デフォルト」と書かれているのは履歴書猿人の既定値のことです
  • 分かったような私のコメントはただの推測なので読み流してください
  • 本記事はリンクさえ張っていただければ自由にコピーしていただいて結構です

一番使われた用紙サイズ

ではまず用紙サイズから。

用紙の利用・集計結果
用紙種別件数割合
A3(デフォルト) 27602 (52.5%)
A4 19031 (36.2%)
B4 4332 (8.2%)
B5 1160 (2.2%)
A4 見開き 392 (0.7%)
B5 見開き 67 (0.1%)

上の用紙サイズの詳しい説明

圧倒的にA判(A3/A4)が多く使われていることが分かりました。A3 が多いのはデフォルトだからという理由もありますが、デフォルトではないA4が全体の3分の1強を占めていることを考えると、やはりA判が好まれていることは間違いないでしょう。A3 と A4 を合わせると9割に迫る勢いです。かつてはB判(B4/B5) が定番と言われていたことを思うと、隔世の感があります。

このようになった理由は、おそらく次のような現状が反映されたものと思われます。

  • 最近は企業でも役所でもA判が標準になりつつある
  • 定年が伸びるにつれ、B判の小さな文字を読みにくいと感じる人が増えた

A判のなかでもA3 が多いのは、上に言った通り履歴書猿人のデフォルト値であるためと、市販のほとんどの履歴書が見開きのタイプ(A判ではA3、B判ではB4)だからだと思います。それでもA4 が相当数あるのは、A3 を出力ができる環境がまだ少ないからではないでしょうか。

ところで「A4 見開き」「B5 見開き」について少し説明しておきます。これは昨年9月に導入した機能で、A3/B4 の見開きイメージをそれぞれ A4, B5 2枚に出力するものです。例えば通常のA4 であれば閉じしろはすべて左につきますが、「A4 見開き」では 1枚目が左、2枚目が右につきます。2枚並べるとちょうどA3 のイメージになるわけです。これを使えば、コピー機などを使ってA3 への複写が簡単にできます。

実はこの「見開き」機能は、日本法令履歴書等印刷用紙(労務12-41)を使うために追加しました。この用紙は、A4 しか出力できないプリンタでA3 の出力ができるというすぐれもので、プリンタに多少制約はありますが、専用用紙というだけあって紙質もよく、試してみる価値はあると思います。履歴書は手書きという人にもおすすめです。

さて結論です。今や履歴書の標準はA判と言っていいでしょう。

和暦と西暦、よく使われるのは?

暦の利用・集計結果
暦種別件数割合
和暦(デフォルト) 42501 (80.8%)
西暦 10083 (19.2%)

和暦と西暦の勝負は和暦の勝ちとでました。一般に正式な文書や役所の文書には和暦を使うことになっているので、それを踏襲したのでしょう。

しかし和暦で決定とまでは言えないようです。和暦が履歴書猿人のデフォルトであることを差し引くと、西暦の2割近い数字には相当の支持があると言わざるを得ません。履歴書を正式な文書と考えるか、面接のための資料と考えるかによって、おのずと選択は決まるのではないでしょうか。

さてどちらがよいとも言いがたいので、「一つの履歴書ではどちらかに統一しましょう」という、誰でも知っているアドバイスでお茶を濁しておきます。なお履歴書猿人では出力時の指定でどちらかに統一されるので安心です。

一番使われたフォントは?

フォントの利用・集計結果
フォント種別件数割合
IPA明朝(デフォルト) 48516 (92.3%)
Tフォント明朝 1209 (2.3%)
源真ゴシックN 917 (1.7%)
Tフォント楷書 594 (1.1%)
選択しない 386 (0.7%)
春夏秋冬IIB 362 (0.7%)
出島明朝等幅 220 (0.4%)
花鳥風月B 200 (0.4%)
清風名月B 91 (0.2%)
きろ字 48 (0.1%)
みかちゃん 41 (0.1%)

上のフォントの詳しい説明

これはデフォルトのIPA明朝の圧勝でした。2位も明朝フォントであることを考えると、「履歴書は明朝」でほぼ決まりと言っていいでしょう。履歴書猿人の売りの一つが多彩なフォントを使えることだったのですが、どうやら意味がなかったようです。

使用頻度が下位のフォントはほとんどが手書き風フォントです。これらが使われない理由を考えてみましたが、おそらく次のようなことだろうと思います。

  • 「手書きを偽装した」と誤解される恐れがある
  • 「ふざけている」と誤解される恐れがある

履歴書で明朝フォントを使うのは、きっと身体をリクルートスーツで固めるようなものでしょう。多彩なフォントが使われないことは残念ですが、つまらない誤解や減点を避けるには賢明な選択なのかもしれません。

フォントをたくさん用意しておいて言うのも何ですが、「求職者はいつの時代も保守的な選択をすべし」ということでまとめておきます。ではグットラック!

履歴書猿人開発の経緯

有名サイトの作者もすなる開発の経緯話といふものを 無名サイトの作者もしてみんとてするなり

 履歴書猿人開発の経緯をご紹介します。

管理人の失業時代

管理人は今から20年ほど前、職探しをしておりまして、当然履歴書を書く必要があったのですが、手書きの履歴書など書く気にはなれず、かといって高価なワープロソフトを買う事にも抵抗があり、どうしたものかと思案しておりました。

その時ふと、当時仕事で使っていた TeX という組版システムで履歴書が作れるのではないかと思いつき、さっそくスタイルファイル(ワープロのテンプレートのようなもの)の作成に取り組みました。その成果はまずまずのもので、管理人は 2 通の美しい履歴書を手に入れました。

さて管理人は結局フリーランスで食べていくことになったので、そのスタイルファイルは早々と用済みになりました。でもそのまま捨ててしまうのはもったいないし、便利なものはみんなに使ってもらうのがいいだろうと考え、少し手直しして、説明なども加えて一般公開しました。それが「履歴書スタイルファイル Version 1.0」です。1996年秋の事です。

履歴書スタイルファイル、広く使われる

「履歴書スタイルファイル」は当時それなりに使われました。自由なソフトウエア(free software)だったので、多くの方々が改良版を開発してくださいました。ある方はメール欄を追加してくださり、またある方は写真を取り込めるようにしてくださいました。それらの改善は本家のスタイルファイルにも反映させました。当時はYahoo などで「履歴書」で検索すると、1ページ目に表示されました。

オワコン化の現実

ところが2000年代に入り、インターネット上の履歴書作成サイトが登場してくると、私のスタイルファイルは次第に使われなくなりました。あるいは TeX ユーザそのものが減っていたのかもしれません。TeX は優れたシステムですが、使うのが難しい事でも有名です。

それでも当時管理人は、Web 上の履歴書作成サイトなるものに懐疑的でした。第一に、個人情報をインターネット上のサイトに書き込むことはセキュリティ上のリスクが高いと考えていました。その点 TeX は個人のパソコンで完結していますから、セキュリティリスクは皆無です。第二に、Web 上の履歴書作成サイトの多く(全部ではない)は出力品質に問題がありました。文字の位置や大きさがアンバランスなもの、行頭に句読点が印字されるものなどがあり、中には文字と罫線が重なっているような粗悪なものまでありました。というわけで「履歴書スタイルファイル」は、Web 上のライバル達と比べても、品質・安全性に勝ると管理人は考えていました。

でも時代の流れに逆らうことはできませんでした。「履歴書スタイルファイル」はますます使われなくなり、いつしか検索サイトのランキングからも姿を消しました。いわゆる「オワコン」という現実を管理人も受け入れざるを得ませんでした。

履歴書猿人の発想

ここに至ってようやく管理人は、 TeXWebサービスの得失についてまじめに考え直しました。

  • TeX の品質は高く、セキュリティリスクもないが、個人が使うのは容易ではない
  • Webサービスは容易に使えるが、セキュリティリスクがある

それならばと「TeX の品質とWeb の使い易さを兼ね備え、セキュリティにも配慮したシステムを作ろう」と一念発起して取り組んだのが「履歴書猿人」です。

システムを構築するにあたって最も重視したのは、TeX 特有の概念を利用者に見せないことでした。利用者は少しでも難しいと感じたら、使うのをやめるに違いないと思ったからです。

セキュリティ対策では、個人情報をサーバに保存せず、本当に必要なときのみサーバに送って、処理が終わると直ちに消去するようにしました。いまどきのシステムではサーバにデータを置く事が当たり前になっていますが、これはとても危険です。どんなにセキュリティ対策を施しても、サーバに個人情報を保存する限り、クラッカーからはねらわれ続け、いつかセキュリティは破られるからです。

また利用者に安心して使っていただくため、個人情報をどのように扱っているかを詳しく説明しました。

オワコンなんて怖くない

2013年の秋、「履歴書猿人アルファ版」はひっそりと船出しました。テーマは「出力品質とセキュリティ」です。「同じ事にこだわって、また同じ失敗を繰り返すつもり?」と言われるかもしれませんが、このテーマはむしろ今後ますます重要になってくると信じています。時代に取り残されたら、またやり方を変えて出直すだけです。

そうして生まれたシステムは、ようやく仕事を始めたばかりの子どものような感じです。ちゃんと役に立っているだろうか、粗相はしてないか、と日々気になっています。

 

さて以上、長々と開発の経緯話をしてまいりましたが、 無名サイトの管理人の割に、結構偉そうに語ってしまった手前、出力品質とセキュリティについてはとりわけ厳しいご叱責があることを覚悟しております。メールまたはメインメニューの「報告」でご意見等お送りいただけると幸いです。ではグッドラック!

「履歴書は手書きかパソコンか」にもの申す

「履歴書は手書きかパソコンか」という議論が、毎年のように盛り上がっています。 そこで管理人も遅ればせながら参戦し、ひとこと愚見を申し述べさせていただくことにしました。

まず正確な議論を

まず最初に、「履歴書は手書きかパソコンか」というテーマ設定は不正確で、 問題の本質を表していないと思います。正確には「履歴書は自筆か印刷か」にすべきです。

「手書き」を「自筆」に直すのは、求職者本人が書いたことを明確にするためです。 単に「手書き」では、本人によるものか代筆者によるものか分かりません。 手書きをすべて本人の自筆と思っている採用担当者は論外です。

「パソコン」を「印刷」に直すのは、 履歴書の下書き作成や清書用の白紙履歴書の印刷にパソコン(タブレットスマホを含む) を使う事にはまったく問題がないからです。 問題の焦点はあくまで自筆で清書するかそのまま印刷するかにあります。

というわけで、テーマを次のように書き直させていただきます。

「履歴書は自筆か印刷か」

求人側は立場を明確に

さて自筆と印刷のどちらがよいかは一概には言えません。それぞれに合理的な理由があるので、求人側・求職側ともよく考えて、自己責任のもとに態度を決めるしかないと思います。

その上で、ひとつだけ求人側にお願いしたいことは、自らが自筆派か印刷派かを明確にしていただきたいということです。 具体的には求人要項の中で次のように明示します。

自筆派の場合
「自筆履歴書提出のこと」「代筆は不可」など
印刷派の場合
「印刷履歴書提出のこと」「手書きは不可」など
どちらでもない場合
「履歴書は印刷代筆も可」「手書き印刷を問わず」など

こうすることで、まず第一に求職者が救われます。彼らは「印刷では意欲を疑われないか」「自筆が本当に必要なのか」「自筆はかえって悪評価にならないか」 などと相反する要求の中で悩んでいます。「自筆履歴書提出のこと」と明示されていれば、自筆派の人は「自筆は無駄にならない」と確信して 意欲的に自筆履歴書作成に取り組むでしょうし、逆に印刷派の人は履歴書を送らないでしょう。「履歴書は印刷代筆も可」としてあれば、みな安心して履歴書の内容に注力でき、家族も代筆で協力できるでしょう。

求人側にもメリットがあります。 自筆派の企業は、読むつもりのない印刷履歴書などを大量に送りつけられることがなくなります。 印刷派の企業も同様に、まともに見るつもりのない直筆履歴書などを大量に送り付けられることが なくなります。それほどこだわりのない普通の企業は、「手書き印刷を問わず」にすることで、優秀な人材の獲得機会を失わずにすみます。

というわけで、求人側が立場を明確にすることによって、世の中から無駄な心配、無駄な時間、無駄な作業、無駄な紙が大幅に減らせるはずです。

求職側はツールを活用しよう

さて上に述べたとおり、履歴書の作成にパソコン(タブレットスマホ含む)を使っていけない理由はありません。自筆派の人もパソコンを使って完成版履歴書と白紙履歴書を作り、二つを並べて書き写すようにすれば、手間を大幅に減らせるはずです。今日では無料でPDF履歴書を作成できるWebサービスがたくさんありますから、それらの中から自分に合ったものを選べばよいでしょう。

自筆派の人は、白紙履歴書が出力できるサービスの中から、履歴書の編集機能や入力支援機能に着目して選ぶとよいと思います。 履歴の追加・削除・位置揃えなどが自在にできるか、UNDO/REDO 機能はあるか、履歴行数や自由記述欄のサイズを変更できるか、 生年月日から履歴のヒナ型を生成したり、満年齢を自動計算したりできるか、 西暦・和暦の切り替えはできるか、 などがチェックポイントです。 複数の履歴書が必要な人は、履歴書データを自由に保存・読み込みできる機能も重要です。

印刷派の人は、上の条件に加えて、組版機能に着目する必要があるでしょう。 文字の大きさや文字の間隔はバランスが取れているか、フォントは選択できるか、メールアドレスは判別しやすいか、禁則処理をしているか、などがチェックポイントです。中でも禁則処理は見落としがちですが重要です。禁則処理機能のないツールを使うと、句読点や閉じ括弧が行頭に印刷された、手書きではまずあり得ない履歴書ができます。それをうっかり提出してしまうと「常識的な文書が書けない人物」と見なされて 大きなマイナスになりかねません。最初から禁則処理機能のついたツールを使えばこういう事態は避けられます。

よいツールの選択は仕事をする上でも重要ですから、履歴書の文面で熱意を示す前に、よい履歴書作成ツールの選択に熱意を持って取り組む事が先決ではないでしょうか。その違いは見る人には分かるはずです。

で、どれを使う?

履歴書作成サイトを比較・検討する際には、次のまとめサイトが役立ちます。

PDF履歴書作成サイト比較 2015

このサイトは、主だった履歴書作成サイトの仕様を詳細に調べて一覧表にまとめています。作者自身も履歴書作成サイトの運営者の一人ですが、客観的な評価に努めているように見受けられます。 データの保存機能のないサイトは最初から省かれていますが、保存機能がないということは毎回一から入力し直すということですから、そういう使えないサイトを排除したことは見識だと思います。 一方、公開時期の新しい順に並べているので、老舗サイトが隅(右)に追いやられています。 その点は注意して見る必要があるでしょう。

特筆すべきは、ハローワークの「履歴書記載例」の内容を実際に各サイトで入力して、 その出力結果と感想を公開していることです。これは相当手間と時間がかかっているはずで、利用しない手はありません。

この表を利用してまず足切りをし、いくつかの候補を残したら、友人達と手分けして実際に使ってみるとよいでしょう。最後に情報を持ち寄って議論をし、各自ツールを選択します。この作業をすれば、自分達もこんな風に選別されるのだという心構えもでき、どうすれば残れるかを考えるきっかけにもなるので一石二鳥です。ではグットラック。

ブログ始めました

履歴書猿人」の営業を兼ねて、ブログを始めること にしました。いつまで続くか分かりませんが、お暇な方はおつきあいください。

広告を非表示にする